top of page

「Roadie V2」の日本国内、販売・受注台数が100ユニットを突破

Bell Energy株式会社のポータブルEV急速充電器「Roadie V2」国内販売・受注台数が100ユニットを突破しました。



日本政府が、「2035年までに新車販売で電動化を100%実現する」と発表し大きな話題となり、電動車両(主にBEV・PHEV)の普及が順調に進んでおります。


同時に、固定式充電器(急速充電・普通充電)の設置も急務となり各社設置を進めておりますが、弊社では、米国SparkCharge社と共同で、「どこでも急速充電」をコンセプトに、外部入力設備不要、完全スタンドアローン設計のEV急速充電器「Roadie V2」の普及に取り組んでおります。


「Roadie V2」は、日本初のモジュール式ポータブル急速充電器であり、EV普及に伴い増加が予想される「電欠」に対応するべく開発された製品です。一方で、固定式充電器を導入する際の「電源設備の容量不足」や「充電場所が限られてしまう」などの様々なハードルを解消する製品として、「電気自動車(EV)の開発現場」や「バッテリーの開発現場」、「研究機関」への活用も期待されています。




納品・採用実績(一部抜粋)

国内自動車メーカー

輸入車インポーター

一般社団法人日本自動車連盟(JAF)

産業技術研究所(入札)

レッカー・ロードサービス会社

大手自動車部品販売会社

損害保険アシスタント会社

「EV現場充電サービス」実証実験 等



Bell Energy株式会社は、EV化へのサポートを通じ、サステナブルな社会を目指すことで SDGs の達成に貢献します。また、ポータブルEV充電器の可能性、役割をこれからも追及してまいります。



230821_Roadie V2 100ユニット販売・受注突破についてのプレスリリースdocx
.pdf
ダウンロード:PDF • 1.26MB

Comments


bottom of page