ベルエナジーは今、再生エネルギーそのものの再考に取り組んでいます。例えば、単に買い取り制度に依存にした太陽光発電から環境に配慮した自産自消のスタンドアローン型電池への転換など、クリーンエネルギーをより身近に実感できる形を提案しています。

会社案内

Bell_Stripe.png

A WORD FROM OUR PRESIDENT

社長挨拶

Bell Energy は、クリーンエネルギーの普及を通して地球環境の改善に貢献したいという明確な理念のもと、脱CO2の切り札となる電気自動車 (EV) に特化した関連機器の開発、普及に鋭意取り組んでいます。一例として、世界で初めてEV専用充電器の可搬化を実現、従来の固定設置型充電設備ではなし得なかった機動性(モバイル化)の附加とインフラコストゼロの達成に成功しています。

また、そこで培った可搬式大型蓄電池技術はエンジン不要の「大型サイレント発電機」として、住宅地や夜間の工事現場にその威力を発揮、昨今ではとりわけ災害時の緊急給電に大きな期待を頂いています。

一方、太陽光発電においては技術志向のシステムインテグレーターとして企画の立案から設計、施工、さらには発電所の運営や管理まで、引き続きさまざまなニーズにワンストップでお応えしていきます。

Bell Energy は、これからもクリーンエネルギーの普及を積極的に推進してまいります。

代表取締役   鈴木 勝蔵

Bell_Stripe.png

CORPORATE PROFILE

会社概要

▶︎ 社名      
▶︎ 設立      
▶︎ 代表取締役     
▶︎ 事業内容      
▶︎ 所在地    
Bell Energy 株式会社(ベルエナジー株式会社)
2003年(平成15年)12月
鈴木 勝蔵
EV充電器、大容量蓄電池、エネルギー関連全般
本社 〒305-0031 茨城県つくば市吾妻 1-10-1
         つくばセンタービル 3F
米国  1908 E Cheyanne Lane, Bloomington, IN 47401 USA
Bell_Stripe.png

CORPORATE HISTORY

会社沿革

2003 年 12 月米国法人 Bell Circuits Group Inc. 米国サンノゼに設立
2004 年 10 月米国法人 Bell Circuits Group Inc. の 100%子会社としてつくば市に設立
2006 年 4 月親会社 Bell Circuits Group Inc.より独立
2007 年 4 月本社をつくば市吾妻 1-10-1 つくばセンタービルへ移転
2015 年 5 月子会社を吸収合併し商号を Bell Energy 株式会社とする
2017 年 9 月米国FreeWire社に出資、防災、EV 関連事業に参入
2018 年 6 月米国 FreeWire社と蓄電池製品の共同開発開始