top of page

電気自動車(EV)向け出張充電サービス「電気の宅配便」の実証実験を開始



 Bell Energy株式会社は、電気自動車(EV)向け出張充電サービス「電気の宅配便」の事業化に向けて、2023年9月19日(火)から、まずは茨城県つくば市内にエリアを限定し、実証実験を開始いたします。


1.背景

 日本政府が、「2035年までに新車販売で電動化100%実現する」と発表し大きな話題となり、電動車両(主にBEV・PHEV)の普及が順調に進んでおります。

 同時に、固定式充電器(急速充電・普通充電)の設置も急務となり各社設置を進めておりますが、弊社では、米国SparkCharge社と共同で、「どこでも急速充電」をコンセプトに、外部入力設備不要、完全スタンドアローン設計のEV急速充電器「Roadie V2」の普及に取り組んでおります。

 今般、EVユーザーに対する新サービス「電気の宅配便」の実装を見据えたニーズ調査を目的に、現場充電サービスの実証実験を実施いたします。


2.「電気の宅配便」の概要

「電気の宅配便」とは、EVユーザーが充電スポットに出向く代わりに、急速充電器を搭載した専用車両が車両側に出向き、その場で充電を完了させる、というこれまでのEV充電の常識を180度覆すものです。EVユーザーは、わざわざ充電スポットに出向く必要がなく、事前予約を行うことによって、自宅や事業所、出先で用を済ませながらにして、急速充電サービスを受けることが可能です。


3.実証実験の概要

 「電気の宅配便」の本格展開は、2024年度内を目指しております。サービス開始に先立ち、Roadie V2を使った同様のサービスを実証実験の形で、先ずは当社が拠点を構える茨城県つくば市で開始いたします。実証実験終了後は、広範囲な事業展開を視野に入れ、サービスパートナーの募集をいたします。


(1)実証期間

2023年9月19日(火)から11月30日(木)


(2)使用製品

ポータブルEV急速充電器 Roadie V2(ローディー)

「Roadie V2」は、日本初のモジュール式ポータブル急速充電器、「どこでも急速充電」をコンセプトに、外部入力設備不要、完全スタンドアローン設計のEV急速充電器です。







(3)「Roadie V2」搭載車両

日産サクラ(SAKURA)改造車








(4)実証実験の対象車両

国内で販売されている電気自動車(EV)が対象。

(一部、充電に対応していない車両がございます。事前にお問い合わせください。)

本実証では、プラグインハイブリッド(PHEV)は対象外です。

※実証実験参加については、利用規約に同意頂き、アンケートのご協力をお願いします。


(5)実証実験駆けつけ対象エリア

茨城県つくば市(全域)※ご自宅等がつくば市外である場合、ご自宅等での本サービス利用はできませんが、つくば市内に駐車された場合は本サービス利用可能となります。


(6)サービス内容

今回の実証実験では、Roadie V2の蓄電池4ユニット分を車両に充電いたします。

サービス提供時間は約60分です。

※充電を開始する際は、立ち会いが必要です。


(7)予約方法

電気の宅配便利用予約サイトより予約。

当社ホームページにて、順次公開予定。

https://www.bellenergy.co.jp/


(8)「電気の宅配便」ロゴ

DeliverのDとenergyのe、電気プラグで構成。

マークは企業カラーの赤を使用し、「電気の宅配便」ワンポイントで充電マークを配置。

丸みのあるフォントとオブジェクトで気軽さ、柔らかさを表現いたしました。


Bell Energy株式会社は、EV化へのサポートを通じ、サステナブルな社会を目指すことで SDGsの達成に貢献します。また、ポータブルEV充電器の可能性、役割をこれからも追及してまいります。



電気自動車(EV)向け出張充電サービス 「電気の宅配便」の実証実験を開始(20230911)
.pdf
ダウンロード:PDF • 894KB

Comments


bottom of page