【MOBI GEN】つくばサーキットにてパイクスピークに参戦を予定していたGLMの「トミーカイラZZ」テスト走行が行われ、MOBI GENがEVへの電力供給をしました。


7月11日、筑波サーキットにて、パイクスピークインターナショナルヒルクライムに参戦を予定していた日本チーム「SAMURAI SPEED」のGLMのトミーカイラZZがテスト走行を行いました。



Bell Energyは2018年よりサポーター企業としてエクストリームパワースポーツチーム・SAMURAI SPEED(https://samuraispeed.jp/)の「電気自動車の魅力の発信とパートナーシップ企業が進める最新技術の共同開発を目的」に賛同し、MOBI GENを充電設備として、提供しています。







3年目の挑戦となる本年は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、チームとして2020年大会への参戦を見送るられることになりました。



チームはパイクスピーク2020年第100回記念大会での総合優勝を目指して、活動を継続します。





【プレスリリース】

https://clicccar.com/2020/07/16/994638/

BellEnergy-LOGO-WHITE.png